「GDP」と為替市場の関係

世界中の国や地域にて発行されている通貨は、対外国との貿易などの取引きや決済などを円滑にするために、外国為替市場にて為替の交換を行いその相場を調整させて対応していており、またこうした為替相場のレート変動を利用し、FX取引やバイナリーオプションなどの投資取引が行われています。

こうした投資取引を行うためには、為替レートの変動を読み解いていくことが必要になるのですが、この予測を行う際の分析の手掛かりの一つになるのが、各国から発表される「経済指標」であり、その経済指標の中に「GDP(ジーディーピー/Gross Domestic Product・国内総生産)」というものがあります。

GDPという言葉は、テレビのニュースや新聞の記事などで良く取り上げられるために、とくに投資などをしなくとも、たびたび見かけると思います。
このGDPは国家の経済力を分析した統計データであり、一定の期間内に国内で生産された物品、サービスなどの総額を表しています。簡単に説明をすると、一定の期間に、その国全体で、どのぐらいの価値を生み出しているか、という事を示していることになります。

GDPは約三カ月ごとに統計がとられて発表をされていきますが、統計を取るごとに増えていけば、その国は新たな価値を生み出し続けていることになり、つまり、どれだけ成長しているのかということを示しているのです。
この伸び率を「経済成長率」と言い、GDPがどれだけ伸びているかにより、以前の集計の時と比べての成長の度合いを知ることができます。

ちなみに、先進国と呼ばれている国などはおおよそその成長は安定期に入っているため、およそ1%から2%ほどの成長率になるのですが、新興国などの今現在も成長を続けている国などで、はその値は7%から8%ほどになり、高い経済成長が見られることになるのです。

このGDPは、その国の経済状態を知るためには重要な指数で、様々な分野に影響や効果をもたらすために、先にも出たとおりニュース番組や新聞などにも取り上げられるため、たくさんの種類のある経済指標の中でも、注視をされる指標の一つになっています。

このように、その国の状態を知るために大変重要な経済指標であるGDPですが、FX取引やバイナリーオプションなどの投資取引では、そのサイクルの遅さからあまり注視されていない傾向があります。

もちろん、長期的な投資を行う場合については効果がある場合もありますが、投資取引で必要とされる外国為替相場の譲歩については、その情報の正確さはもちろんなのですが、それよりも速報性を重視するため、予測のための指針としてはあまり有効的ではないのです。

しかしながら、GDPの発表の前後にはその内容に対する相場の反応で、為替レートが乱高下することがあるので注意が必要なのです。